AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > フォード エクスプローラー <2011年~2015年> vol.1
特集 SPECIAL ARTICLES フォード エクスプローラー <2011年~2015年> vol.1プロショップが教えてくれるマル秘ノウハウ

フォード エクスプローラー <2011年~2015年> vol.1

狙い目中古車の理由とはいかに?

フルサイズに続きミドルクラスSUVの購入&維持。フォードエクスプローラーがオススメな理由はたくさんある。

更新日:2018.07.02文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

ブルート
TEL 0489529260 [ホームページ] [詳細情報]

旧アメリカンSUVの概念を根底から覆した革新的モデル

 2011年に登場したフォードエクスプローラーは革新的なアメ車であり、とくに「エクスプローラー+エコブーストモデル」はSUVのトレンド発信モデル。だからこそ、完成度は非常に高い。

 エクスプローラーの価値は、たとえば対アジア戦略車といったワールドワイドな味付けのSUVとは異なり、リアルタイムのアメリカを反映していた鏡であったということ。

 現実的にアメリカ全土で走っており、販売の中心的存在であったという事実。しかも重くて力強くといった旧アメリカンSUVの概念を根底から覆した革新的モデル。

 すなわち、旧アメリカンSUV的なサイズ感は残し、伝統的なデザインスタイルを踏襲しつつも、ハンドリングや走行性を高め、フォードの技術を集約したダウンサイジングエンジンを搭載し、燃費効率を上げている。

 そこには、重厚なV8フィールは存在しないが、SUVたる走りを十分に満たしてくれるトルク感があり、街中で積極的に使える大きさをギリギリ満たしているサイズ感を有してドライバーを魅了する。それは本国でも同じこと。だからこそ現実的にトップセールスを記録していた時代があったのである。

 その一方で、日本製ミニバンの中でも最上級モデルたちと同等以上の室内空間を実現しており、しかも重心位置が低くハンドリングや走りの安定感は日本製ミニバンよりも極めて高いのだから、居住性および走りやスタイルを求める日本のユーザーたちに受け入れられて当然である。

 くわえて駆動方式はFFのみだが、東京は雪もほとんど降らないし(年に2回あるかないか)、都市部にいる限り、オフロードもほとんどない。ある意味、ミニバンの代替わり的な使い方でもまったく問題ない。

 だからアメリカ本国で認められているエクスプローラーは、アジアンテイストとは異なるアメリカ本国モデルとして、仮にエンジンの息吹が異なっても、本物のアメリカンSUVとしてオススメなのである。
キャデラックエスカレードやハマーH2といったフルサイズSUVを得意とするブルート。今現在でもその両車の在庫車は他店と比較して群を抜く多さ。
また販売だけでなく、エスカレードの整備を行っていたり、ご覧のリンカーンナビゲーターの修理依頼をこなしていたりとアフターフォローや整備技能が充実している。くわえてキャデラック系リンカーン系セダンの販売も得意とするからアメ車ファンから絶大なる支持を得ているショップである。
そんなブルートには、なぜだかミドルクラスのフォードエクスプローラーの在庫車が目立つ。なぜか? と疑問に思ったので早速取材した。
お話を聞いたのはブルートの岡崎氏。ブルートは、キャデラックエスカレードやハマーH2の中古並行車における「車両を見抜くノウハウ」をレクチャしてくれたプロショップの販売マネージャー。取材中にも気づくが、氏の知識量は半端ない。
岡崎氏の現在の愛車はなんと2016年型のエクスプローラー。さまざまなアメリカンSUVに乗ってきた岡崎氏がチョイスした個体は2016年だが、エクスプローラーである。だからこそ詳しく、オーナーとしての意見も聞けるわけである。
オススメの理由はズバリ、D車であったこと。ディーラー整備、および保証を受けてきた車両が95%を占めるエクスプローラーは、中古並行車として日本にやってきたフルサイズSUVよりも格段にコンディションがいいのである。

ディーラー車であったことが明確に分かる個体程度

 ……、というのが新車時代の、日本フォードが存在していた時代の、エクスプローラーに対する評価である。だが、2016年末をもって日本フォードが撤退した。せっかくの革新的モデル、しかも日本でもかなりの台数が売られていたという実績を作ったモデルが消滅してしまったわけである。

 さて、そんなエクスプローラーが消滅してから一年半。気になる中古車市場に目を向けてみた。

 お話を聞いたのはブルートの岡崎氏。ブルートは、キャデラックエスカレードやハマーH2の中古並行車における「車両を見抜くノウハウ」をレクチャーしてくれたプロショップ。これらの企画は、かつてないほど大反響を誇ったが、今回はミディアムクラスのエクスプローラー。

 聞けば「アメリカンSUV販売ショップとしては、意外にも扱いやすく、またユーザーからの反応がいいモデルということであり、今現在も4台の在庫車を保有していている」という。

 「やはりショップとしての販売戦略上、国産車からの乗り換えや初めてのアメ車という方が結構いらっしゃる。そういう方々には、積極的にオススメできますね」

 理由は、D車であったこと。ディーラー整備、および保証を受けてきた車両が95%を占めるエクスプローラー(「スポーツ」のみ並行が存在する)は、中古並行車として日本にやってきたフルサイズSUVよりも格段にコンディションがいい。
中古車市場的には、現在、V6と直4モデルとの価格差は、新車時のそれほどはないという。だから、どちらも狙い目。

ディーラー車であることのメリットがまだたくさんある

 実際、ブルートにある在庫車はすべてD車であるから、見極めるポイントが格段に少ない(中古並行で気になるメーター巻き戻しや過去の履歴等々)。だから初めてのアメ車としても注目すべき車両だし、もし仮に遠出してトラブルが起きた場合には、日本フォード撤退後に誕生したCPIフォード(http://www.ford-service.co.jp/)が日本各地に点在しているから、そちらで面倒を見てもらうことが可能なのである。

 ということで、モデルラインナップを整理する。

 2011年5月から正規販売が開始されたエクスプローラー。その時点ではV6エンジンのみの販売だった。その後、直4エコブーストエンジンが追加され、発売が開始されたのが2012年の2月末。その後はV6、直4というエンジン2機種の3モデルラインナップとなる。なお、この企画のメインストリームとなる年代は2011年~2015年モデルである。

●エクスプローラー LIMITED:V6/AWD/530万円
●エクスプローラー XLT:V6/AWD/440万円
●エクスプローラー XLTエコブースト:直4ターボ/FF/440万円

 V6エンジンを搭載するモデルは基本的に4WDである。一方直4エコブーストはFFモデル(エクスプローラーがすでにFFベースの4駆になっていることは、いまさら説明しない)。だから直4エコブーストを選択すると自動的に4駆は選べない。

 一方でV6エンジンを希望すれば、自動的に4駆となり、FFは選べない。価格で判断せずに、エンジンや駆動方式でモデルをセレクトするならば、自動的に選べるモデルが決まってしまうという設定だった。

●3.5リッターV6:294ps/6,500rpm、トルク35.2kg-m/4,000rpm
●2リッター直4エコブースト:243ps/5,500rpm、トルク37.3kg-m/3,000rpm
ベース車両は、2013年型直4エコブースト搭載車。走行距離は5.3万キロのフルノーマル車である。
搭載される2リッター直4エコブーストエンジンは243ps/5,500rpm、最大トルク37.3kg-m/3,000rpmを発生させる。このエンジン、高速走行といった速度域が高くなると若干役不足を感じるかもしれないが、それ以外の速度域の低い段階では、大排気量エンジンに引けを取らない力強さを体感させてくれる。
本文中にあるように、直4エコブーストをチョイスすれば駆動方式はFFとなりインテリアカラーはご覧のようなグレーベースのレザーとなる。
<関連記事>
>> ハマーH2 <2003年~2009年> vol.1 を見る
>> ハマーH2 <2003年~2009年> vol.2 を見る
>> キャデラックエスカレード <2007年~2014年> vol.1 を見る
>> キャデラックエスカレード <2007年~2014年> vol.2 を見る
>> Bluet (ブルート)【ショップinfo】 を見る
>> 1995 キャデラック フリートウッドブロアム (CADILLAC FLEETWOOD BROUGHAM) を見る

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP